不動産投資・20代でアパートオーナーになる方法

20代不動産投資法・実践編by坂本憲彦氏

外観を整える

年数がたった建物はメンテナンスが必要です
入居率を上げるためには、建物の外観を新しく見せるという工夫が必要になります。
いくら築年数がたっていても、
外観がきれいなアパートには入居者も安心して入ることができます。

費用をかけずに行うには自分で外壁の塗り替えをしたり、
さびている部分をきれいにしたりするという方法があります。

塗装がはがれているところをきれいに塗るだけでもずいぶん違います。

しかし自分で行うのが難しい場合には、建築会社に依頼することになります。
その際には、建物を建ててくれた建築会社に依頼する
もしくは管理会社に相談すると良いでしょう。

時期や金額について細かいことを教えてくれるでしょう。

外観が新しく見える建物は、いつでも入居者がいて空室になることがありません。


色を塗り替えるときの工夫
建物の外壁を新しく塗り替える場合には、色にも工夫しなければなりません。
なるべく明るい色を使い、雰囲気を良くする工夫が必要です。
また、周辺の建物との調和も大切なポイントとなります。

外壁を明るくするだけではなく、建物の雰囲気を新しく明るく見せる方法があります。
それは外壁の周辺に花壇を作ることです。
そこに美しい花を植えることによって、明るい雰囲気を作ることができるのです。

内見に来た人に明るい印象を与えることができるでしょう。

また、外壁以外で工夫できるところには、郵便ポストがあります。

古いものであれば、新しいものに交換するだけで見た目ががらっと変わります。

エントランスも、入居者が住みたくなるような工夫をしましょう。

同じ20代で実際に不動産が購入できるという事実に衝撃を受けました

時田 翔太郎様 (長野県松本市在住)
「金持ち父さん貧乏父さん」という本を読んでから不動産に興味を持ちました。

本屋さんで不動産投資に関する本を読んでみましたが、
良い物件とは?高利回りの物件とは?という内容の本が多かったです。

まだ20代である私が、不動産投資をするには具体的にどうしたらよいかということが
見えてきませんでした。
そんな中、出会ったのがこのサイトで紹介されている20代の不動産投資でした。

内容は、まだ20代である坂本さんが不動産を購入するとき、
どのような点に注意して、またどのような決断をして、
不動産を購入するに至ったのかということが書かれています。

同じ20代の方が実際に不動産を購入できるという事実に衝撃を受けました。

レポートには具体例を挙げて投資方法が書かれているので、私にもそれになぞって
実行することができると思いました。

このレポートを参考にして、坂本さんの後に続けるようにしたいと思います。
本当にありがとうございました。

20代でも
アパートオーナーになれる
【20代不動産投資法】
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。