外観を整える - 不動産投資・20代でアパートオーナーになる方法

20代不動産投資法・実践編by坂本憲彦氏

外観を整える

年数がたった建物はメンテナンスが必要です
入居率を上げるためには、建物の外観を新しく見せるという工夫が必要になります。
いくら築年数がたっていても、
外観がきれいなアパートには入居者も安心して入ることができます。

費用をかけずに行うには自分で外壁の塗り替えをしたり、
さびている部分をきれいにしたりするという方法があります。

塗装がはがれているところをきれいに塗るだけでもずいぶん違います。

しかし自分で行うのが難しい場合には、建築会社に依頼することになります。
その際には、建物を建ててくれた建築会社に依頼する
もしくは管理会社に相談すると良いでしょう。

時期や金額について細かいことを教えてくれるでしょう。

外観が新しく見える建物は、いつでも入居者がいて空室になることがありません。


色を塗り替えるときの工夫
建物の外壁を新しく塗り替える場合には、色にも工夫しなければなりません。
なるべく明るい色を使い、雰囲気を良くする工夫が必要です。
また、周辺の建物との調和も大切なポイントとなります。

外壁を明るくするだけではなく、建物の雰囲気を新しく明るく見せる方法があります。
それは外壁の周辺に花壇を作ることです。
そこに美しい花を植えることによって、明るい雰囲気を作ることができるのです。

内見に来た人に明るい印象を与えることができるでしょう。

また、外壁以外で工夫できるところには、郵便ポストがあります。

古いものであれば、新しいものに交換するだけで見た目ががらっと変わります。

エントランスも、入居者が住みたくなるような工夫をしましょう。

この記事へのコメント
あなたはちゃんと適正な年収を得ているでしょうか?この適正年収チェッカーであなたの能力に見合った年収を教えます!あなたはきっと、もっと年収を得られるハズ!
Posted by 適正年収 at 2011年09月18日 09:43

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
20代でも
アパートオーナーになれる
【20代不動産投資法】
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。