空き室率を減らす工夫 - 不動産投資・20代でアパートオーナーになる方法

20代不動産投資法・実践編by坂本憲彦氏

空き室率を減らす工夫

アパートやマンションを手に入れても、
部屋を借りてくれる人がいないと収入になりません。
新築物件やリフォーム済み物件の場合は、
すぐに借り手が現れるかも知れませんが、
5年たち10年たつと、だんだん借り手は少なくなっていきます。

湯沸かし器や風呂釜などもドンドン傷んでいきますし、
空室率もドンドン上がっていくかも知れません。

アパート・マンション経営も、れっきとしたビジネスですから、
市場や相場とかけ離れた条件ではお客は現れませんし、
また「この部屋に住みたい」と思われるようでないと、
数少ないチャンスをみすみす逃してしまいます。

どんなに素晴らしい(と思っている)物件であっても、
部屋を借りたい人の目にとまり、
部屋を仲介してくれる賃貸営業マンに推薦してもらえなければ、どうしようもないのです。
安定した老後生活を送るためにも、
どうやれば空室率が下げられるか学んで実践しましょう。
こちらの方の経験が参考になるかと思います。

The大家さんマーケティング〜【不動産投資】空室対策・高利回り獲得プログラム〜
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
20代でも
アパートオーナーになれる
【20代不動産投資法】
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。