入居率を上げるために - 不動産投資・20代でアパートオーナーになる方法

20代不動産投資法・実践編by坂本憲彦氏

空き室率を減らす工夫

アパートやマンションを手に入れても、
部屋を借りてくれる人がいないと収入になりません。
新築物件やリフォーム済み物件の場合は、
すぐに借り手が現れるかも知れませんが、
5年たち10年たつと、だんだん借り手は少なくなっていきます。

湯沸かし器や風呂釜などもドンドン傷んでいきますし、
空室率もドンドン上がっていくかも知れません。

アパート・マンション経営も、れっきとしたビジネスですから、
市場や相場とかけ離れた条件ではお客は現れませんし、
また「この部屋に住みたい」と思われるようでないと、
数少ないチャンスをみすみす逃してしまいます。

どんなに素晴らしい(と思っている)物件であっても、
部屋を借りたい人の目にとまり、
部屋を仲介してくれる賃貸営業マンに推薦してもらえなければ、どうしようもないのです。
安定した老後生活を送るためにも、
どうやれば空室率が下げられるか学んで実践しましょう。
こちらの方の経験が参考になるかと思います。

The大家さんマーケティング〜【不動産投資】空室対策・高利回り獲得プログラム〜

募集を依頼する不動産屋で1万円も家賃が違う

条件というのは、

敷金や礼金

リフォームの有無

部屋が決まった時の不動産屋におしはらいするフィーはいくらか?

などなどです。


また、物件から遠い場所で営業している不動産屋よりも

物件近くの不動産屋に聞き込みを行うと良いです。


実際に隣町の不動産屋だと、

「家賃3万円しかとれない…」

と言われていた物件が、物件近くの不動産屋だと

「家賃4万円は取れるでしょう」

と言われる事も。


つまり、
どの不動産屋に入居者の募集を依頼するのか?で
大きく取れる家賃が変わってきてしまうのです。

また、集客力のある不動産屋に依頼する事も大事です。

この2つが揃っている業者に頼んで、
本当に最大限取れる家賃を見極めるべきです。


詳しくは不動産投資大百科
   ⇒http://123direct.info/tracking/af/378496/qwvJsXAH/

にも書いています。

賃貸需要の調査、適性な家賃の調査は足を使って行うのが1番ですし、
家賃が1万円高くても決めてくれる不動産屋を味方にできれば、
物件自体の利回りは大きく跳ね上がる訳ですね。


おもしろい現象だと思いますが、

これは調査がしっかりと出来れば誰でも可能なお話なのです。

詳しくは不動産投資大百科を見ていただければ…
と思います。

不動産投資大百科
   ⇒http://123direct.info/tracking/af/378496/qwvJsXAH/

携帯基地局で入居者が逃げる

アパートやマンションのオーナーさんが、
家賃収入の他に収入を考えた場合

携帯電話の基地局を屋上などに設置し
その見返りとして携帯会社から
使用料を受け取るケースがありますが、
ちょっと考えモノです。

何故か?

アパートやマンションの屋上に携帯電話の基地局を設置すると、
携帯電話の会社から場所代が
場所を提供しているオーナーさんに支払われるのですが。

実は携帯電話の基地局を巡る
トラブルが続発していると言う事実をご存知でしょうか?

例えば、

人体への被害が出ている。
基地局を設置している物件の住民に鼻血が出たり、
体調が悪くなったり…

という症状が出ているところがあるそうです。

また、ペットが死んでしまったとか、子供を産まなくなったとか
そういう被害も報告されています。

詳しくはこちらに記載されているのですが、
 → http://cs-x.net/mitoooya/c/00019.html

更に訴訟になっているケースもあります。
 → http://cs-x.net/mitoooya/c/00020.html

こういう問題は、
携帯電話会社や通産省がもみ消すため、
マスコミにも取り上げられない様ですが、
かなり大きな問題だと思うのです。

アパートやマンションのオーナーさんから見ると、
更なる収入アップのために設置したら
そのせいで住民が次々に退去してしまった…

そんな事になっては本末転倒ですね。
勿論その分の家賃収入を
携帯電話会社が支払ってくれるなら別ですが

携帯電話の基地局の設置は慎重になった方が良いと思います。
20代でも
アパートオーナーになれる
【20代不動産投資法】
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。