入居率を上げるために (2) - 不動産投資・20代でアパートオーナーになる方法

20代不動産投資法・実践編by坂本憲彦氏

すぐに生活可能か?

さて、間も無く新入学、新社会人が
初めての一人暮らしをするために部屋探しを始めます。

勿論、それだけでなく、転勤、転職組もいる事でしょう。

そんな時に部屋を契約して貰える決め手になるのは何か?
同じ位の間取り、
同じ位の家賃、

とすると、
何よりすぐに生活が始められるかどうかという事、

引っ越し、
敷金、礼金など何かと出費が嵩むことにより、

無駄な出費を抑えたいのは山々、

そんな時に
部屋に電子レンジや、炊飯器、等が備え付けてあれば、

如何でしょうか?

新しく買う必要が無ければそれだけ他に自己資金を回せます。

ただ、あなたが大家として用意するのは別に新品でなくて良いのです。

近くのリサイクルショップで探せば
いくらでも安くて良い物が手に入ります。

炊飯器なら3合炊き位なら1000円〜
3goudaki.jpg
電子レンジでも温める機能だけなら2000円位〜手に入ります。
denshirenji.bmp
一人暮らしの洗濯機なら3000円〜
sentakuki.jpg

それだけで6000円位で用意できて、
しかも入居率が格段に上がります。
出来れば小さめの冷蔵庫があれば尚良いのですが、
reizouko.jpg

冷蔵庫も4000円位で手に入ります。
合計で1万円位

しかし、それが
契約時の決め手にすらなるのですよ。

入居時に新入居の人が何に困るか?

それを満たしてあげる事が入居率アップの秘訣です。

外観を整える

年数がたった建物はメンテナンスが必要です
入居率を上げるためには、建物の外観を新しく見せるという工夫が必要になります。
いくら築年数がたっていても、
外観がきれいなアパートには入居者も安心して入ることができます。

費用をかけずに行うには自分で外壁の塗り替えをしたり、
さびている部分をきれいにしたりするという方法があります。

塗装がはがれているところをきれいに塗るだけでもずいぶん違います。

しかし自分で行うのが難しい場合には、建築会社に依頼することになります。
その際には、建物を建ててくれた建築会社に依頼する
もしくは管理会社に相談すると良いでしょう。

時期や金額について細かいことを教えてくれるでしょう。

外観が新しく見える建物は、いつでも入居者がいて空室になることがありません。


色を塗り替えるときの工夫
建物の外壁を新しく塗り替える場合には、色にも工夫しなければなりません。
なるべく明るい色を使い、雰囲気を良くする工夫が必要です。
また、周辺の建物との調和も大切なポイントとなります。

外壁を明るくするだけではなく、建物の雰囲気を新しく明るく見せる方法があります。
それは外壁の周辺に花壇を作ることです。
そこに美しい花を植えることによって、明るい雰囲気を作ることができるのです。

内見に来た人に明るい印象を与えることができるでしょう。

また、外壁以外で工夫できるところには、郵便ポストがあります。

古いものであれば、新しいものに交換するだけで見た目ががらっと変わります。

エントランスも、入居者が住みたくなるような工夫をしましょう。

20代でも
アパートオーナーになれる
【20代不動産投資法】
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。