日記 - 不動産投資・20代でアパートオーナーになる方法

20代不動産投資法・実践編by坂本憲彦氏

家賃保証にご注意!

これから新築アパートを建築しようという方に
気を付けて頂きたいのは、

特にハウスメーカーが提案する
「家賃保証」です。

こうした「家賃保証」に関しては、
所謂、元々の土地持ちや地主系の資産家の方ほど
騙されやすいケースが多々あるのですが、

だからと言って、あなたも無関係ではありません。

とは言っても、
そもそもハウスメーカーも資産とか土地のない人間には
話を持って来ないでしょうが、

しかし、「家賃保証」すると言うのは
ハウスメーカーに限ったことではないので、

例えば、管理を任せた不動産会社でも
その可能性が無いとは言えません。

まあ、不動産投資はやらないと言う方は安心してください。

ただ、確かに、
変に地方とかに土地を持ってる方ほど
狙われやすいのは確かなので気をつけてください。

こうした「家賃保証」は、
現実にはトラブルだらけのようです。

次回は、

そのトラブルだらけの家賃保証の仕組みについてお話します

時間を有効に使える魅力

アパート経営の魅力の一つは
時間を有効に使えると言う事です。

アパートに入居している人がいれば
それで家賃収入が得られるため、

サラリーマンのように一日会社に縛られることもありません。

優良な管理会社と関係を持てれば

あなたは空いた時間で、自分の趣味や

又、別のビジネスの構築と言った事に時間を充てられます。


勿論、サラリーマンを辞めろと言っている訳ではありません。

サラリーマンも立派な仕事です。
しかし、この不況下、いつリストラがあるか
いつ倒産するか、予想もつきません。

しかし、アパート経営で収入さえあれば、
何も恐れる事はないのです。

ビクビクする必要が無ければ、反って思い切った仕事も出来ます。

それが良い仕事に繋がったりもするのです。

その為にはまず、最初の一棟目を手にする事です。


どうやったら安全に最初の一棟を手にする事が出来るか?
20代でもアパートオーナーになれる不動産投資法

これであなたも経営者

不動産投資で悪徳業者の手口

知識の浅い不動産投資家は、

悪徳不動産業者がいる!

という事を覚えておいた方が良いです。
これは新築1Rマンション販売業者が良い例なのですが、
中古でも悪徳業者がいるのが事実です。

中古物件でどうやって素人さんを騙すのか?

と言うと
まず、物件を買うと管理や客付けを業者に依頼すると思います。
その時に悪徳業者は管理と客付けの全てを
一任してもらうように動きます。

勿論、普通の業者であれば一任して差し支えありませんが、
これが悪徳業者になると大変な事になります。

まず、
客付けをしません。

空室があっても、何もせず、
そのままにしておいて、
賃貸募集を打ち切るのです。

そして、
「エアコンが壊れた」
「給湯が壊れた」
と言って、
実際には壊れていなくても修理費を請求してきます。

ここまでで、オーナーさんは、
入居はありませんし、お金だけは請求されるしで、

手持ちのお金がどんどん無くなって行きます。
その内、オーナーさんは、
借り入れの返済が出来なくなってきます。
 
その結果は、
仕方なく「物件を手放す」
という流れになるのです。

そして、物件を売る際も、
当然、仲介で売ろうとするはずです。

すると、売りには出しますが、
悪徳業者は申し込みが入っても
あなたの意向も聞かず断ってしまいます。

最終的に
お金の無くなったあなたの物件を安く買いたたく

ですから、不動産投資をする際には
業者の選択を誤らないようにしなければなりません。

経験者に相談するのが一番いい方法ですが、
私はこちらをお勧めします。
20代不動産投資法
別に20代で無くても構いません。
実際に不動産投資で実績のある坂本憲彦氏が、
購入までサポートしてくれます。
20代でも
アパートオーナーになれる
【20代不動産投資法】
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。