不動産購入の為に (2) - 不動産投資・20代でアパートオーナーになる方法

20代不動産投資法・実践編by坂本憲彦氏

不動産投資において銀行融資の重要性

不動産投資において銀行融資の重要性については
多くの投資家や専門家がこのように語っています。


「おそらく、そのOLが仮に消費者金融からお金を借りよう
としても、せいぜい1社50万円が限界でしょう。



同じOLが、不動産というキャッシュを生み出してくれる

資産を購入する場合には、適切な事業計画さえあれば2億、

3億のお金を普通に銀行は融資します。


この金額はへたをすると、このOLの生涯賃金を超えているでしょう。



お金に色はついていませんが、目的が違えば引っ張れる金額

が文字どおり桁違いなのです。


これこそが、世の中の融資制度のひずみです。


このひずみの存在に気づいた者だけに、富の扉は開かれるのです。」



引用:「1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法」


金森重樹著 ダイヤモンド社 2005年 14頁

「アパ・マン事業をより良い事業にしていくためには、

ファイナンスの能力は必ず身につけておく必要がある。」



引用:「「金持ち大家さん」になるアパート・マンション経営塾」


浦田健著 日本実業出版社 2003年 139頁


「不動産投資とは、ごく一部の金持ちを除けば「借入金」を

利用した投資です。


そのため、借入金のコスト、つまり借入条件が不動産投資の

成否を決めると言っても過言ではないでしょう。」



引用:「不動産投資を始める前に読む本」


沢孝史著 筑摩書房 2005年 185頁


「銀行融資はおろか銀行との本格的な取引は、マンションなど

自分が住む不動産を買ったことでもなければ、ほとんどの方は

経験がないでしょう。


私もそうでしたが、お金を借りて不動産を購入するときには、

銀行や融資に関する知識があったほうが有利です。」



引用:「キャッシュフローを生む「不動産投資」


広瀬智也著 かんき出版 2005年 108頁



このように多くの不動産投資家や専門家が銀行融資の
重要性を語っています。
ただ、残念ながら、銀行の融資について詳しく話しをできる人はほとんどいません。

いわゆる有名な不動産投資家の方たちも銀行融資はあくまでも
自分が物件を購入するときに申し込んだ経験や、他の人が融資を
申し込んだ経験を聞いたりして、判断しているにすぎません。

しかし、坂本氏は違います。
銀行員として6年半、不動産投資の融資に直接、関わってこられました。
また、実際の融資案件も300件以上に携わり、銀行融資の裏側について
知り尽くしています。
ですから、20代でアパートを購入するといった、人並みはずれた常識では
考えられないことも可能になるのです。

そんな坂本氏のノウハウを学んで不動産投資を始めるために
まずこちらをご覧ください。⇒http://www.tmaweb.biz/29536/



借地権物件のメリットデメリット。

まず借地権のデメリットですが、

色々な行事がある度にお金が掛かります。
例えば、売却、建て替え、契約の更新をする時に、
お金が掛かります。

どのくらいお金が掛かるのか?

というと、
これは物件自体の借地契約書に書かれている通りになります。
つまり、最終的には借地契約書を見てから
契約に望む事が良いです。

ただ、検討する段階の目安としては、

いくらぐらいが妥当なのか?

がわからないと借地を検討も出来ません。
この目安ですが、積算評価額の10%くらいと思ってください。
ただ、実際の更新料などの取り決めは、
5〜20%くらいと、かなり開きがあり、
なおかつ、評価額の○%という取り決めではなく、
一律100万円…などという契約も存在するので、
積算評価額の10%…というのは、
かなり大雑把な目安で、
最終的には借地契約書を見せて貰うしかないと思います。

あと、デメリットとしては、
銀行の融資が付きづらい…という事。

当然、土地が借り物なので銀行の評価が出ずらいです。
という事は、借地は、特に中古の物件への融資は、
ちょっとハードルが高くなるという事です。

ここまでがデメリットですが、
では、メリットはなんなのか?

というと、
単純に所有権の物件に比べて割安だ!

ということです。
例えば、借地物件…というだけで、
都内の戸建てが1000万円以下で買えたりします。

利回りも都内で10%を余裕で超えていたりするので、
所有権の物件ではありえない訳です。

また、融資付きづらい…とは言いましたが、
物件と個人の属性によっては、
借地に融資する銀行もありますね。

そういう事も色々とわかってきてたりします。
という事で、借地権物件のメリット、デメリットでした。

その辺は元銀行員の坂本憲彦氏に相談するのが早いと思います。
http://www.tmaweb.biz/41104/

銀行融資の仕組みを理解し儲かり続けるアパートオーナーになる

不動産投資において銀行融資の重要性については
多くの投資家や専門家がこのように語っています。

「おそらく、そのOLが仮に消費者金融からお金を借りよう
 としても、せいぜい1社50万円が限界でしょう。

 同じOLが、不動産というキャッシュを生み出してくれる
 資産を購入する場合には、適切な事業計画さえあれば2億、
 3億のお金を普通に銀行は融資します。
 この金額はへたをすると、このOLの生涯賃金を超えているでしょう。

 お金に色はついていませんが、目的が違えば引っ張れる金額
 が文字どおり桁違いなのです。
 これこそが、世の中の融資制度のひずみです。
 このひずみの存在に気づいた者だけに、富の扉は開かれるのです。」

 引用:「1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法」
 金森重樹著 ダイヤモンド社 2005年 14頁

 
「アパ・マン事業をより良い事業にしていくためには、
 ファイナンスの能力は必ず身につけておく必要がある。」

 引用:「「金持ち大家さん」になるアパート・マンション経営塾」
 浦田健著 日本実業出版社 2003年 139頁

「不動産投資とは、ごく一部の金持ちを除けば「借入金」を
 利用した投資です。
 そのため、借入金のコスト、つまり借入条件が不動産投資の
 成否を決めると言っても過言ではないでしょう。」

 引用:「不動産投資を始める前に読む本」
 沢孝史著 筑摩書房 2005年 185頁

「親などからの資産に依存しない、自発的な後天性「大家さん」
 として継続的に発展していくためには、必ずメインバンク
 を持たなければならないのです。」

 引用:「サラリーマンでも「大家さん」になれる[藤山流]成功の奥義」
 藤山勇司著 実業之日本社 2004年 194頁

「銀行融資はおろか銀行との本格的な取引は、マンションなど
 自分が住む不動産を買ったことでもなければ、ほとんどの方は
 経験がないでしょう。
 私もそうでしたが、お金を借りて不動産を購入するときには、
 銀行や融資に関する知識があったほうが有利です。」

 引用:「キャッシュフローを生む「不動産投資」
 広瀬智也著 かんき出版 2005年 108頁


このように多くの不動産投資家や専門家が
銀行融資の重要性を語っています。
ただ、
残念ながら、銀行の融資について
詳しく話しをできる人はほとんどいません。

いわゆる
有名な不動産投資家の方たちも
銀行融資はあくまでも自分が物件を購入するときに申し込んだ経験や、
他の人が融資を申し込んだ経験を聞いたりして、判断しているにすぎません。

しかし、坂本氏は違います。
銀行員として6年半、
不動産投資の融資に直接、関わって来られました。
また、
実際の融資案件も300件以上に携わり、
銀行融資の裏側について知り尽くしています。
ですから、
20代でアパートを購入するといった、
人並みはずれた常識では考えられないことも可能になるのです。

そんな、坂本氏のサポートを受ける事が出来る
不動産投資のバイブルがこれです。
http://www.tmaweb.biz/29536/

20代でも
アパートオーナーになれる
【20代不動産投資法】
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。